コンドロイチンが肌に与える影響

コンドロイチンとは、ムコ多糖の一種で軟骨部分等に多く存在し、関節を滑らかに動かす事をサポートしています。
その為、関節の動きが悪くなってきたなどにも影響していると言われています。

 

いつまでも健康に元気に体を動かしたいと考える人に人気の成分ですが、それ以外にも肌に良い成分の一つとしても注目を集めています。
肌の潤いを考えた時に有用な成分として有名なプロテオグリカンやヒアルロン酸も、このムコ多糖の一種です。

 

これらと同様に化粧品の場合には肌の保湿を担う成分として配合されています。
保湿力が高まれば、乾燥が原因で起きていたトラブル対策に繋がると同時に、肌本来の新陳代謝も活発な状態を保つことができます。

 

更に、潤いがあり新陳代謝が活発な状態になれば、健やかな若々しさにも良い影響があると考えられています。

 

潤いのある状態になりたいと考えたら、ヒアルロン酸が有効と簡単に考える人は少なくありません。
ですが、それ以外にも、コンドロイチンのように、潤いを与える役割をしてくれる成分も存在します。

このエントリーをはてなブックマークに追加