白金ナノコロイド

白金ナノコロイドが肌に良いといわれる理由

白金ナノコロイドは日本で生まれた新しい成分で、厚生労働省からも認可されています。
そして、高い抗酸化作用があるため肌に良いと言われ、様々な化粧品やヘアケア商品に使用されています。
では、白金ナノコロイドが肌に良いと言われている理由はなぜでしょうか。
肌を老化させる大きな原因は、活性酸素と言われています。

 

活性酸素が体内で過剰に発生すると、細胞や遺伝子にダメージが与えられ、老化が進みます。
真皮層にあるコラーゲンやエラスチンは肌のハリや弾力を保つ働きがありますが、活性酸素が発生すると、その働きが低下してしまいます。
すると、シワやシミなどができやすくなります。
ですので、肌のエイジング対策のためには、活性酸素を除去することがポイントになります。

 

そして、活性酸素を除去する働きのあるものが、抗酸化作用を持つ成分です。
抗酸化作用を持つ美容成分としてよく知られているものに、コエンザイムQ10がありますが、コエンザイムQ10が働きかけることができる活性酸素は限られているという欠点がありました。
白金ナノコロイドは、コエンザイムQ10が働きかけることができなかった活性酸素にも作用するので、若々しい肌を維持することができる効果が期待できます。
また、持続効果も高いため、長く作用すると言われています。