グリセリン

グリセリンが肌に与える影響について

グリセリンは人体にも含まれている成分で、中性脂肪としても知られています。
肌に与える刺激や毒性が低いので医薬品や化粧品に多く使われています。
人間の身体に対する安全性には長い歴史があります。パームヤシなどから作られる天然のものと石油から生成される合成のものがありますが、最近の主流は天然のものとなっています。

 

グリセリンを一般的によく目にするのは化粧品に配合されているものですが、グリセリンが肌に与える影響は高い保湿効果です。
水に溶けやすい性質があり少し重めのべたつきを感じてしまうこともありますが給水力が高いため、外部から水分を取り込んで保湿することが出来るのです。湿度が高ければ空気中の水分を吸収して肌に潤いを与えてくれます。

 

精製水と混ぜるだけで化粧水として使えるほど保湿力が高いのが特長です。
「空気が乾燥していたら水分が不足してしまって肌は乾燥するんじゃないの?」と不安になってしまうかもしれませんが、グリセリン原液を直接塗った場合には確かに乾燥してしまうかもしれませんが、乾燥してしまうのは15〜20%以上の濃度になる場合だと言われています。
化粧品には水分と一緒に配合されているので、乾燥に関しては心配はありません。

 

グリセリンを含むオールインワンゲル

カレンデュラ・オーガニックハーブ・オールインワンジェルの特徴

肌に徹底して優しいものを追及したオーガニックハーブのオールインワン化粧品
使用しているハーブは無農薬栽培で作られており、無化学肥料なのはもちろん、添加物ゼロという、とにかく肌への負担が少ないオールインワンジェルです。

自然農作物が原料でジェルのとろみはなんと、寒天で作りだしている口に入れても大丈夫だという驚きのジェルです。

価格 4,580円
評価 評価5
備考 ジェル 80g
カレンデュラ・オーガニックハーブ・オールインワンジェルの総評

どんな化粧品も無添加だといっても、少なからず、添加物は入っていますが、それらを排除することで、肌質を選ばない天然100%のジェルとなっています。