ヒアルロン酸が肌に与える影響

ヒアルロン酸が肌に与える影響について

肌に潤いを与える事が出来る成分として有名なのが、ヒアルロン酸です。
元々は人の体内に多くある成分なのですが、年齢と共に減っていく事になります。
それにより、肌の柔軟性や弾力、潤いを保持する力が失われていきます。
その為、潤いのある良い状態を維持したいと考えたら、この成分を保つことが若々しい肌を保つポイントの一つと考えられています。

 

対して、基礎化粧品などに配合されるヒアルロン酸は肌表面、もしくはサイズが小さい浸透性に優れたヒアルロン酸による角質層の保湿をサポートするために配合されています。
この成分を補う事で、乾燥を防ぎ、バリア機能を正常な状態に保つ事に繋がります。
肌が潤いで満たされていることはそれだけで明るい印象を与えてくれます。

 

そして、潤いのある状態は、バリア機能を保つことに繋がるため、肌トラブル対策にもなることからスキンケアでは保湿がもっとも基本で重要だと言われているわけですね。そしてヒアルロン酸は保水力の高さから、保湿成分として肌の乾燥を防ぐのにとても役立つため、多くの基礎化粧品に採用されているということです。

 

そんなヒアルロン酸を使ったケアで、より高い実感を期待するのであれば、ナノ化されたものを選ぶ等、浸透力が高い状態に加工された物を選んでいく事がおすすめです。それにより、角質層までしっかりと浸透し、より高い保湿力を実感させてくれることが期待できます。

 

※浸透:角質層まで

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
page top