レチノイン酸トコフェリルの特徴

レチノイン酸トコフェリルが肌に良いといわれる理由

レチノイン酸トコフェリルが肌に良いといわれる理由

 

レチノイン酸トコフェリルは、レチノイン酸、ビタミンA酸と、トコフェロール、ビタミンEが結合したもので、ビタミンA誘導体としての性質を持っています。
ビタミンA酸は、肌に対して様々な効果が期待できるのですが、刺激が強いのがデメリットでした。
そのデメリットを解消するために開発されたのがこの成分で、これにより肌への刺激を抑えつつ、ビタミンA酸やビタミンEの良いところを肌に取り入れることができるようになっています。

 

肌に弾力を与えるレチノイン酸トコフェリル

レチノイン酸トコフェリルが肌に良いとされている理由としては、まずは肌の弾力に働きかける作用があるためと言う点が挙げられます。
肌の弾力を左右するのは、肌の真皮層に存在しているコラーゲンの状態なのですが、この成分にはその生成を助ける作用があると言われています。

 

また肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促進する作用があると言うのも、肌に良いとされている理由のひとつです。
ターンオーバーは、肌の弾力には勿論のこと、その透明感にも深くかかわってくる現象です。

 

この周期が乱れると、メラニン色素や古い角質、汚れなどが蓄積されていくため、シミやくすみなどが目立ちやすくなってしまいます。
またしわも目立ちやすくなります。ですからレチノイン酸トコフェリルの力を借りることは、肌弾力に働きかけながら、なおかつターンオーバーを促進することで、たるみやしわ、シミに対する効果が期待できます。

 

レチノイン酸トコフェリルが肌に良いといわれる理由

 

レチノイン酸トコフェリルが肌に良いといわれる理由