レチノイン酸トコフェリルの特徴

レチノイン酸トコフェリルが肌に良いといわれる理由

レチノイン酸トコフェリルが肌に良いといわれる理由

 

レチノイン酸トコフェリルは、レチノイン酸、ビタミンA酸と、トコフェロール、ビタミンEが結合したもので、ビタミンA誘導体としての性質を持っています。
ビタミンA酸は、肌に対して様々な働きがあると言われていましたが、刺激が強いのがデメリットでした。
そのデメリットを解消するために開発されたのがこの成分で、これにより肌への刺激を抑えつつ、ビタミンA酸やビタミンEの良いところを肌に取り入れることができるようになっています。

 

肌に弾力を与えるレチノイン酸トコフェリル

レチノイン酸トコフェリルが肌に良いとされている理由としては、まずは肌の弾力をサポートしてくれると言う点が挙げられます。

 

ターンオーバーは、肌の弾力には勿論のこと、その透明感にも深くかかわってくる現象です。

 

角質層を満たしながら、健やかなに整えることで、肌本来のターンオーバーを促すためのサポートをしてくれます。

 

ターンオーバーの周期が乱れると、メラニン色素や古い角質、汚れなどが蓄積されていくため、シミやくすみなどが目立ちやすくなってしまいます。
またしわも目立ちやすくなります。ですからレチノイン酸トコフェリルの力を借りることは、肌弾力に働きかけながら、なおかつターンオーバーを促進することで、たるみやしわ、シミ対策という面でも嬉しい成分として注目されています。

 

レチノイン酸トコフェリルが肌に良いといわれる理由

 

 


トップへ戻る