3D形状復元ゲルとは

3D形状復元ゲルとは何か?

たとえば化粧品の容器の中に入れられているゲルを、指やスパチュラでかき混ぜたとします。
すると通常であれば、それはそのまま、ぐちゃぐちゃになったままです。

 

しかし3D形状復元ゲルは、かき混ぜてからしばらくすると、その形状が自然に元に戻っていくと言う特性を持っています。
何もしなくても、まるでゲル自身が生きているかのようにして動き、元の形状を取り戻すのです。

 

そのため、3D形状復元ゲルには、肌表面にピンとしたハリが生まれたようなつけ心地が特徴です。

 

3D形状復元ゲルは肌に塗っても再度、元の形状に戻ろうとするためです。
よって肌表面が自然に引っ張られるような状態になるため、このような実感を得られるというのが、人気の理由となっています。

 

サクランと3D形状復元ゲルのコンビで保湿力を実現

またサクランと呼ばれる、ヒアルロン酸の5倍もの保水力を持った成分も含まれています。
この成分は、肌表面に薄い膜をはるような状況を作り、更にヒアルロン酸の潤いを閉じ込めるように肌を保護してくれます。

 

そのため3D形状復元ゲルは乾燥などでハリが物足りないという方にとっては、より潤いに満ちた弾力、ハリを感じさせてくれる状態を保つのに役立つ点があります。

 

それからもうひとつ、3D形状復元ゲルには3Dヒアルロン酸と呼ばれる、立体的な網目構造をしたヒアルロン酸も配合されています。
これによって、他のヒアルロン酸が肌表面に閉じ込められることが期待できます。

 

>> オールインワンゲルおすすめランキング トップページ



イチオシのオールインワンゲル


このエントリーをはてなブックマークに追加
page top