酸化したスキンケアコスメを使うと肌にどのような悪影響を与えるのか

スキンケアコスメは酸化したものを使うと肌にどのような影響を与えるか?

スキンケアコスメは、使用期限が過ぎて酸化してしまったたものを使うと、シミや色素沈着、くすみなどの原因物質を肌に擦り付けているのと同じ状況とも言われています。

 

肌のシミや色素沈着、くすみといった悩みは、皮脂などの酸化による影響があるからです。

 

肌はどのように酸化するの?

人間の肌にとって大切な皮脂も、空気に触れたり、紫外線にあたったりすると酸化します。
そうすると肌へ刺激を与える物質に変わってしまいます。

 

また、活性酸素を発生させる原因になりますので、活性酸素により炎症が起きたり、メラニンの過剰生成などのトラブルに繋がります。

 

変化した皮脂は毛穴が詰まりやすくなり、ニキビや吹き出物が出来やすくなります。毛穴の黒ずみも目立ちやすくなると考えられています。

 

毎日の洗顔・クレンジングが重要な理由

スキンケアコスメにも油分は含まれていますし、クリームや乳液、美容液などには油分が特に多く含まれています。
それらの油分が変化することにより、シミや色素沈着といったものの原因になってしまいます。

 

ニキビが出来やすくなったり、毛穴が黒ずみやすくなったり、良い影響はありません。
綺麗な肌を作るつもりが逆のことが起きてしまいます。

 

例えば、メイクをしたまま寝てしまうのが肌に良くない、もしくは実際に肌に違和感が表れたという経験をされた方は多いと思いますが、これはメイクに含まれる油分や成分が酸化してしまうことと肌の潤いを奪ってしまうことによって起きると言われています。

 

そのためスキンケアコスメの持っている役割をキチンと果たして貰うためには、新鮮なものを使うことや、使用期限内に使うことが重要となります。

 

1週間程度、一ヶ月程度だから使っても大丈夫かな?と油断するのはいけません。
一度ダメージを与えてしまった肌を回復するには、ターンオーバーするまでに何日もかかります。

 

使用期限が切れても化粧品が余ってしまってもったいないと思っても、逆に大きな代償を払うことになるので期限が切れた化粧品を使うのはやめましょう。

 

それぞれの化粧品の期限をチェックするのは節約にもつながります

女性の場合、半永久的に化粧品は使っていくものですから、自分に合った化粧品を見つけたら、どのくらいの期間で使い切るかなども徐々に把握していって、無駄のない化粧品の購入を行っていくのがおすすめです。

 

リペアジェル

 

 

 

>> オールインワンゲルおすすめランキング トップページ



イチオシのオールインワンゲル


トップへ戻る