刺激の強いスキンケア化粧品を使うとどんな悪影響がある?

刺激の強いスキンケア化粧品を使うとどんな悪影響があるの?

刺激の強いスキンケア化粧品

肌に刺激の強いスキンケア化粧品を使用すると、肌のバリア機能を破壊し、乾燥肌や敏感肌を自ら招いてしまうことがあります。

 

乾燥肌や敏感肌でお悩みの方は、ほとんどの場合、間違ったスキンケアによって自分で乾燥肌や敏感肌を招いていて、その原因の一つに肌に合わない刺激の強いスキンケア化粧品による悪影響があげられます。

 

ただし、刺激の強いというのは全ての人というよりも、肌の環境が不安定、もしくは繊細な状態によって肌に合わない、生まれつき肌が敏感であるというケースに多いです。また、基礎化粧品には自然由来や植物性などの成分が配合されている場合がありますが、これらが逆にアレルギーとして反応してしまう場合もあるため、繊細な肌の場合、パッチテストが欠かせません。

 

加齢による肌の老化よりも怖い?間違ったスキンケア法

年齢と共に肌のバリア機能にとって大切な保湿成分が減ってくることはありますが、それ以上に悪影響を与えるのが間違ったスキンケアであったり、悪い生活習慣であったりします。

 

肌にとって良い影響があると思って使っているものにも関わらず、間違ったスキンケアによって、逆に肌にダメージを与えてしまっていることもあります。

 

例えばクレンジングですが、メイクの汚れを落とすために使っていても、クレンジングがメイク汚れや皮脂、セラミドなどの細胞間脂質を区別しているわけではありません。
落とせるものは、全て落としてしまいますから、肌に必要な油分も過剰に奪ってしまう可能性もあります。
このような現象を起こさないためには、クレンジングの基本通り、メイクの濃さに合わせた洗浄力で選ぶ必要があり、その後の洗顔では泡立てネットでよく泡立てて使用することがおすすめです。無添加・無香料といった余計な成分をカットしたクレンジングや洗顔で思わぬ肌トラブルを防ぐということをテーマとしてアイテムも増えています。

 

美白系のクレンジングは商品によって要注意

また、美白成分など刺激の強い成分は、肌に合わなかったりするとバリア機能を傷付けてしまい、肌トラブルの原因になります。
美白肌を手に入れたい場合の美白コスメは、肌にダメージを与えないコスメを選ぶことが必須で、使用時には必ずパッチテストをしましょう。

 

パッチテストが行いやすいのはやはりトライアルセットです。トライアルセットはお求めやすい価格設定に加えて、肌に合わない場合、返金保証が設けられているメーカーが多いので活用したいですね。

 

肌に優しいコスメ・クレンジングは結果的に美肌を作ります

肌に優しいスキンケア化粧品を使うことは、肌を甘やかすことではなく、肌の状況に合わせたスキンケアを行う意識の一つだと言われています。
そのため、肌の状況や肌質に合わない人によって刺激の強い、負担となるスキンケア化粧品を使ったときには、肌のバリア機能を傷付けるリスクがあることを覚えておきましょう。

 

リペアジェル

 

 

 

※美白:メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ

 

 

>> オールインワンゲルおすすめランキング トップページ



イチオシのオールインワンゲル



このエントリーをはてなブックマークに追加
page top