化粧品に含まれている添加物の種類とデメリット

多くの化粧品に含まれている添加物の種類とデメリット

添加物の種類とデメリット

化粧品やスキンケア移管するコスメは女性にとって欠かすことができない必需品です。
毎日使用している人も多いでしょう。

 

しかし、多くの化粧品には多くの添加物が含まれています。

 

添加物の種類は約3,000種類以上

現在、添加物は約3,000種類以上もあると言われていますが、化粧品に使われている添加物の種類とデメリットについて解説します。

 

添加物1・防腐剤

まずは防腐剤です。
有名なもので、メチルパラベンやサリチル酸があります。

 

メチルパラベンは、アレルギーやシミなどに影響があると懸念されています。
サリチル酸は、アレルギーや発ガン性物質の報告があります。

 

添加物2・石油系界面活性剤

次に、石油系界面活性剤です。
有名なもので、コカミドがあります。
コカミドは、発ガン性が懸念されています。

 

添加物3・合成香料

 

次に、合成香料です。

 

有名なもので、アニスアルデヒドがあります。
アニスアルデヒドは、遺伝子DNAを傷つけてしまったり、神経系への悪影響が懸念されています。

 

添加物4・紫外線吸収剤

 

次に、紫外線吸収剤です。
有名なもので、オキシベンゾンがあります。
皮膚炎やアレルギーを起こしたり、環境ホルモンや発ガン性が懸念されています。

 

その他、合成ポリマーや合成着色料、アルコールや鉱油油など、たくさんの添加物が存在しています。

 

数が多すぎるので、全くこのような成分が含まれていないものを選ぶことは難しいのですが、出来るだけ少ないものを選びましょう。

 

添加物を使われていない化粧品を選ぶのが重要

 

添加物を使用していない化粧品を選ぶことが重要ですが、購入のたびに原料をチェックしていくのはとても大変です。

 

簡単な見極め方として、無添加・オーガニック・添加物0と記載されているコスメを選ぶのがシンプルな選び方です。

 

肌の働きに必要な天然イオン

 

エイジングケア方法